2012年12月15日に、MKD (ミンダナオ国際大学)とPNJK-IS(フィリピン日系人会国際学校)の職員と教師、学生は、台風パブロによって被害を受けたコンポステラ・バレー州のニューバタアンで支援活動を行いました。


この支援活動は、フィリピン国家警察と協力して行いました。

Picture
フィリピン国家警察とMKDの職員
台風パブロは多くの家や、工場、ガソリンスタンド、店舗、学校を破壊しました。


たくさんの倒れた木が道を塞ぎました。



テレビで亡くなった人々を見て、悲しく思いました。無実の命を殺す現象はとても衝撃的でした。

家が倒れて、避難所で泊まっている子どもたちは、ちゃんと寝ることができません。

市場で売ることができるはずだったバナナは台風によって破壊されました。



その結果、バナナ農園で働いているたくさんの人は仕事をなくすかもしれません。



そこで、MKDとPNJK-IS は被災者を助けるために合同で支援活動に行うことにしました。

学生や教師、職員などから食べ物や服、水などが寄付されました。

私たちはそれをニューバタアンの四つの地域に届けました。

Picture
支援物資をトラックから下ろしている様子
Picture
支援物資を渡す職員と教師
Picture
MKD のイネス学長
Picture
支援物資を受け取った被災者の方


これらの地域は支援が届きにくい場所です。

現在、広い地域が停電していて、水道を使うことができません。

そのため、被災者の方々は特にミネラルウォーターの支援に満足していました。

たくさんの被災者は私たちを辛抱強く待っていました。

何人かの子供が、うれしさのあまり私たちに駆け寄って来ました。

Picture
支援物資をもらうために並んでいる人々
Picture
PNJK の職員がミネラルウォーターを渡している様子


ひどい状況にも関わらず、被災者の方々は明るかったです。


Picture
被災者の方々


私はこの活動に参加して、非常にうれしかったです。

なぜなら、この支援活動は人々を助けるよい機会だからです。

今回の台風の被害はコンポステラ・バレー州の人々にとって初めてなので、復興に時間がかかっています。

台風で壊れた小学校はまだ再開していません。

子供たちが早く学校で勉強できるようにする必要があります。

被災者の人々は復興のために、動き出すことが必要です。



そして、政府や、NGO、学校、ボランティアなどが被災者の人々のパートナーになって、サポートを行うことが必要です。


Picture
Posted by: ジェレマイヤー

幸子
12/19/2012 06:49:31

台風バブロで、街が大きな被害をうけ、たくさんの方が亡くなられたことは、本当に悲しく残念です。
支援活動はたいへんだと思いますが、がんばってください!

Reply
ジェレマイヤー
12/20/2012 19:02:05

たくさんの人々は本当になくなりました。とても悲しいです。
支援活動をがんばります。
政府やNGO、学校などは台風パブロで被災した人々を一所懸命助けています。
コンポステラ・バレーは行きにくいですが、熱心に助けたいです。

Reply
Mike
1/23/2013 00:48:26

とても素晴らしい活動ですね!!!皆さんの頑張っている姿に感動します。

Reply



Leave a Reply.